Today's Photo

「風の小径」の小径

続・水星と金星⭐️そして有明のお月様。

これは3月12日の夕方。 ちょっと雲が出ているので、 もしかしたら見えないかも?と思っていたら、 雲間からきらりと金星が顔を出した。 目をよおくこらして見ると、斜め上にうっすらと水星が見える。 暗くなってきたら、水星もはっきり見えた。 翌日(3…

曙のお月さま。

今朝早く、ふと目が覚めて、そおっとカーテンの外をのぞいたら、 きらりと光るお月様がいらっしゃった。 お船のような形のお月様。 山のきわはほんのりと赤く染まる頃。 清少納言もその昔、このあけぼののお月様を眺めたのかもしれない。 -月齢25日-

日没から月食まで。

1月最後の夕日。 線香花火の玉のようで、消えるのが名残惜しく、胸がきゅっとする。 入れ替わるように出て来たお月様は、今夜の主役。 お月様、こんばんは♪ 20時57分のお月様。 21時29分のお月様。 寒いからシャッターを押す手が震える。 カメラが…

柔らかな月の光。

夕方、ふと見上げると、柔らかな光のお月様に出会った。 ほのかに金色の光を放って。 明日(1月31日)は皆既月食だそう。 お天気でありますように。

雪雲の夕焼けと金星、そして月の夜。

1月13日の夕方、西の空には黒い雲。 不気味な黒雲。 でも、南の空はまだそれほど黒くない。 蒼い空に宝石のように輝く金星。 そのうち、雲は妖しいオレンジ色に染まって、まるで空駆ける獅子のよう。 もやぁっとした夕焼けは、 まるで金星を追っかけて飲…

月夜。

スーパームーンの次の日。 ほんの少し顔を出したお月様。 その次の日も朧月で。 そして17日。 やっと輝くお月様に出逢えた。 今宵はしし座流星群と知って、ベランダに出るも、 見えるは煌煌と輝く月の光と、キラキラと瞬くオリオン座。 流れる星に巡り逢わ…

夏の月夜は…。

梅雨明けの蒼い空には輝く白い月、 まだ少しいびつな形。 翌日、ふと窓の外を見たら、薄紫色の空に黄色い月が浮かんでいた。 だいぶまあるくなった。 そして今宵は明るい月夜、電灯がなくても歩けそう。 そんな夏の満月の夜。

七夕の三日月♪

今宵の空は、雲がところどころ島を作っています。 彦星と織姫は雲の島をつたって出逢えたでしょうか。 夕方、おぼろな三日月が見えました。

赤い月と赤い星☆

東の空に、赤い月と赤い火星が輝いていた。 今宵は満月。

ミニマムーン。

今年一番小さなお月様は、 たなびく薄雲の中にいた。 夜中には雲も晴れて明るい小さなお月様が夜を照らしていた。 こと座流星群が流れるかしら…と少し空を眺めていたけれど、 結局、ひとつも見つけられず。

今宵の月。

帰り道、鴨川まで来たら月が出ていた。 蜂蜜色の大きなお月様が。 木星と一緒に…♪ -3月23日(水)午後6時47分-

月と飛行機雲♪

三日月を撮っていたら、すぅっと飛行機が筋をひいてやってきた。 今宵の月は、蒼い地球照。 その30分後、今度はダークな地球照。

月と木星と雲。

夜、ベランダに出たら、きぃんとした空気の中で 月が木星をともなって輝いていた。 月と、木星と、雲。 月に照らされ、雲がたなびいている。 月齢17.1。 1月27日のお月様。

冬の夕暮れ。

雨上がり、オレンジ色の夕焼け雲が見えた。 黒い雲と夕焼け雲がうずまくその上に、 白いお月様が見えた。 やがて、黒い雲から再びポツポツと雨が降り出した。 比叡山の周りだけうっすらと紫色に染まる空を残して。

お月さまの横顔。

あばたもえくぼ♪

あかつきの。

月、そして金星と土星とアンタレスの二等辺三角形。

今宵の三日月。

細い細いお月様が、淡くたなびく夕焼け雲の中にいた。

朧月の家路。

帰り道、柳の向こうにぼんやりとしたお月様が浮かんでいた。 今宵(10/26)は、十四の月。 松の向こうで、お月様はぽぅっと光る。 月明かりのなか、烏たちも塒へ急ぐ。 さあ、私も家路を急ごう。

スーパームーン♪

山の端がぽぉっと明るくなって、 ふいに山の一カ所から、光が漏れ出した。 出てきたのはスーパームーン。 こんばんは♪ お月様。 今宵は明るく輝くスーパームーン♪(この写真だけGF3で撮影)

月を合図に。

月の出を合図に、 鳥たちはねぐらに帰る。 さあ、急げ、お月様が輝き出した。 今宵のお月様におやすみなさい。 -中秋の名月-

小望月。

月の上を雲が流れて行く。

秋の夕景。

金色の夕焼け。 街灯の上には烏が一羽♪ 雲が光る。 賀茂川に夕焼けが映り込む。 夕焼けが水面に揺れる。 大文字山の上に、オレンジ色の雲。 灰色の雲が熱を持っているように赤くなった。 灰色の雲間から白い三日月が出て、 月の下に大きなくじら雲が現れた。…

ブルームーン♪

山の端から、月が昇ってきた。 だんだん姿をあらわして行くお月様に、ちょっとドキドキした。 今夜はブルームーン♪

蜂蜜色の。

桔梗色の空に、まろやかなお月様が浮かんでいました。 そう、こんな蜂蜜色をして。 明日はブルームーン。

夕空の表情。

柔らかな夕焼け。 水色とピンクと薄紫色。 ピンクの薄雲の朧月。 昨日の夕焼け。 夏の夕空は、日によって見せる表情がまったく違う。

土用の丑の夕空は。

いつもは優しい夕焼け色の北の空が、燃えるような赤。 南の空には上弦のお月様。

朧月と輝く星。

御所の向こうの朧月。 西の空にはダイヤのように明るく輝く金星と、それに寄り添う木星、 すこし離れたところでレグルスが、キラリと小さく光っていた。 -京都御苑にて-

5月最後の月と夕景。

午後7時前、比叡山の上には天女が飛翔しているような雲が流れていた。 そしてその少し東では、雲間から、 白い月が姿をあらわした。 今宵は、少しまあるくなったお月様。 雲がわずかにピンク色に染まり出す。 もちろん、お月様のそばの雲もほんのりとピンク…

ピンク色の夕焼け雲。

西の空はサーモンピンク色の夕焼け。 そして北の空はピンク色に染まっていた。 なんだかオタマジャクシの成長過程を観察しているような雲…^-^; 見上げたら、ピンクの綿菓子のような雲と白いお月様が出ていた。 ふんわりピンク色に染まるおぼろ月。 この空の…

月と金星の奏でる曲は…。

バスを降りたら、夕暮れの空に白いお月様が輝いていた。 そして家に帰り着いた頃、お月様の隣で金星が輝き出したのが見えた。 お月様はうっすらと光のヴェールに包まれている。 電線がまるで楽譜みたい。 月と金星が奏でる音楽が、空の色を次第に群青色へと…