Today's Photo

「風の小径」の小径

朝焼け

続・水星と金星⭐️そして有明のお月様。

これは3月12日の夕方。 ちょっと雲が出ているので、 もしかしたら見えないかも?と思っていたら、 雲間からきらりと金星が顔を出した。 目をよおくこらして見ると、斜め上にうっすらと水星が見える。 暗くなってきたら、水星もはっきり見えた。 翌日(3…

曙のお月さま。

今朝早く、ふと目が覚めて、そおっとカーテンの外をのぞいたら、 きらりと光るお月様がいらっしゃった。 お船のような形のお月様。 山のきわはほんのりと赤く染まる頃。 清少納言もその昔、このあけぼののお月様を眺めたのかもしれない。 -月齢25日-

大寒の朝。

うっすらと色づく雲のなかで、比叡山は凍てついているように見えた。 ほんのすこし赤味がさす。 家の屋根には昨日の名残の雪。 おはよう、大寒の朝♪ きぃんと冷えた青空とともに。

ラベンダー色の夜明け。

5:18am ラベンダー色と藍色が溶け合う中で、 明けの明星がぽつりと輝いていた。

朝靄。

朝方、ふと目が覚めて外を見たら、ちょうど夜が明ける頃でした。 しだいに明るくなる中で、聞こえて来るのは早起きな小鳥のさえずりだけ。 そして鳶が1羽、朝霧の中へ消えて行きました。

燃えよドラゴン?!

今朝5:00の朝焼け。 まるで炎のドラゴンが山肌を駆けるよう…。 -☆- 昨晩は時々大地が揺れているのではないかと思うほどの雷鳴が轟いた。 あれは、このドラゴンが暴れていたのかもしれない…。

台風一過の朝。

カーテンを開けたら、比叡山に向かって雲が飛んでいた。 そして、お日様がもうすぐ顔を出す頃、空の上を火の鳥が駆けて行ったよ。 火の鳥はこのお月様が放ったのかもしれない。 おはよう、お月様。

金色のヴェール。

朝、カーテンを開けたら、山が金色のヴェールに包まれていた。 その後、金色の光は消えてしまった。 ほんのひととき、幻のような昨日の朝。

V字。

筑後川の朝。 こんなときに限って、構えているのがiPhoneだったりする…。^-^;

漁港の朝。

1月4日朝の風景。

風見鶏のような。

1月2日の朝焼け。 アンテナがまるで風見鶏みたい。 電線の向こうは、 雪の大文字。

1月2日、比叡山の朝。

比叡山の雪の朝。

12月12日の朝。

朝焼けの空を鮭が泳いでいった…。

12月6日の朝。

朝、カーテンをあけたら、山にピンクの雲がかかっていた。

12月5日の朝。

朝の比叡山。

朝の出港。

朝、5時40分過ぎ、一艘の船が港を出て行った。 まだ、空は赤くなっていない。 5時54分、空が少し赤らんできた。 でも、西の空はまだ静寂に包まれた色。 まもなくして、海が少しバラ色に染まった。 そのなかで、釣りをする人たち。 6時13分、再び船…

海辺の朝焼け

夜明けの空、まだヒグラシが鳴いている。 5時39分、空がオレンジとピンクに染まる。 5時42分、雲がマグマのように燃えた。 5時56分、今度は金色の光に染まる。 5時58分、こちらは西の空。 ふと、雲の間から白いお月様が出ているのに気がついた。…

8月11日の朝の空

淡く染まり、いったん消え、 金色に燃えた。 台風が去ったあとの空。