Today's Photo

「風の小径」の小径

ドクダミ

f:id:suzukokage:20140529173743j:plain

LUMIX GF3

ドクダミの花の部分は黄色の部分で小さな黄色い花が集まっているそうです。

そして花びらに見える白い部分は総苞という部分で、

つぼみを包んでいた部分なのだそう。

f:id:suzukokage:20140604113554j:plain

LUMIX TZ30

子どもの頃、住んでいたのは平屋建ての社宅でした。

その社宅には小さなお庭があり、庭の端っこには物置小屋が建っていました。

ドクダミはその小屋の日陰になったところに群生していたなと

今でも覚えています。

昭和の時代、今思うと企業の福利厚生は豊かだったなと思います。

当時、平社員だった父も庭付きの社宅が与えられ、

旅行は全国各地にあった、その企業が持つ保養所に行きました。

昭和のまさに高度成長期時代。

ドクダミを見ると、ふとそんな昭和の時代の庭を思い出したりします。